イベント、グルメ、プレゼント、各種講習会情報、ライセンス情報などをお届け!

JAFご当地情報

JAF
e-JAF STATION 芦屋

新年の熱い戦い!「箱根駅伝」のホットな話

掲載日:2017-11-13


神奈川県足柄下郡箱根町
JAF神奈川支部スタッフ

たけおガイド
神奈川支部

趣味

日帰り弾丸ツアー!休みが一日でも遠くまで行っちゃいます!

 みなさんこんにちは!laugh

まだ気が早いかもしれませんが、お正月、というと何を想像されますか?
おせち料理、お年玉、箱根駅伝・・・etc
 お正月は家族で箱根駅伝のテレビ中継をご覧になる方も多いのではないでしょうか?

 箱根駅伝は東京オリンピック開催予定の2020年に100周年を迎える歴史ある駅伝で、前回大会のシード校(上位10チーム)と予選会を通過した10チームに加え、関東学生連合チームの合計21チームの選手たちによる熱い戦いは、
お正月のお茶の間をにぎわせることで全国的に有名ですよね!
 今回はそんな箱根駅伝にまつわる心温まる話をお伝えできればと思います!




今回、箱根駅伝の「温かい」お話を伺いに行ったのは、「箱根駅伝ミュージアム」です!!
所在地は、毎年1月2日~3日に行われる箱根駅伝の往路ゴール地点、また復路スタート地点のすぐそばにあります!(館内には落ち着いた雰囲気のカフェと、このお店でしか購入できない限定駅伝グッズがありました。)



箱根駅伝ミュージアムの見どころは、何と言っても、第1回大会から現在までの歴史年表が貴重な資料と写真を使った展示、各大学のユニフォームの展示、レース風景を記録した貴重な写真と名勝負の映像、また、各大会出場のチームの全タイム、全出場選手など、貴重な資料が見られることです!!
また、ユーモアを交えた丁寧な説明が聞ける、名物副館長の存在も箱根駅伝ミュージアムの魅力であると言えるでしょう。


館内の見学で小腹が空いたら、併設のカフェで軽食を取ることもできます。

カフェのメニューです。おすすめは箱根駅伝ミュージアムが、往路ゴール・復路スタート地点に近接していることから名づけられた「ゴールポイント」!
これは、バニラソフトアイスにワッフルをのせ、お好みでメープルorチョコレートorストロベリーのソースをトッピングするスイーツです。



箱根駅伝の正式名は【東京箱根間往復大学駅伝競走】なんですね!


今回、箱根駅伝に関する温かいエピソードをお話しして頂いたお二人をご紹介します

  かつまた館長                  かわぐち副館長

最初に館長からお話しをうかがいました。
「当館がオープンして間もない頃、1月3日の早朝に出勤したところ、ミュージアム敷地内の屋外に、
神奈川大学の選手が寒い中、コンクリートの上に毛布を敷いて待機していました。そこで、施設の中にお入り下さいと声をかけたことから、選手達とのつながりが広まり、今では7校の選手が待機場所として利用してくれています。」
と温かい(ほっこり)お話しをいただきました。heart

 また、第1回の箱根駅伝は土日に開催されたため、選手たちは午前中に授業を受けてから昼の11時に有楽町をスタート。当時は道路舗装もほとんどされていない状況で(マラソン用のシューズも無い)片道7時間以上かかった。当然途中から日が暮れていく中、地元青年団の人達が街灯もない夜道を松明で照らして選手達を先導したというお話も伺うことができました!
人情あるエピソードですよね。

次に副館長からもお話しを伺うことができました!
「実はJAFの職員に『小林 修』という箱根駅伝の出場者がいるんですがご存じですか?」と質問したところ、「何年前ぐらいの出場選手ですか」と副館長。この質問に私が答えると、「わかります、箱根山を走った選手だよね、出身は東北の方だったかな」と聞いた職員も知らなかった情報についても即答されていました!!スゴイです! 
 館長のお話の補足になりますが、箱根駅伝開始当時、夜間の山間部では松明の灯りに加えて野犬やイノシシから選手を守るため、猟師の方々が空砲を打っていたそうです。このあと箱根駅伝ミュージアムを訪れたお客様に館内の説明と箱根駅伝の歴史などを説明されていました!

箱根駅伝ミュージアムはJAFの優待施設です。詳しくはこちら!





こちらの写真の男性、見覚えのある方はいらっしゃいませんか?
実はJAF職員なのですが、何を隠そう、第68(第6区)、69(第5区),70(第5区),71回(第5区)と、4回も箱根駅伝に出場した経験を持つ、小林修選手なのです!!
そんな小林修選手からもお話を聞くことができました!!
「私が箱根駅伝を走ったことを、子どもたちはにわかに信じていないようでしたが、箱根駅伝ミュージアムの映像(第69回往路のゴールシーン)を一緒に見たら信じてくれたようです。」

と、箱根駅伝ミュージアムで保管されている映像資料のおかげで、子どもたちのヒーローになれたようです!

そんな貴重な資料が残る箱根駅伝ミュージアムで、あなたもお気に入りの選手の活躍をもう一度見てみてはいかがでしょうか?




さて、箱根駅伝ミュージアムを見学した後は、周辺のドライブも一緒にいかがでしょうか?
今回は周辺のドライブスポットとして宮ノ下にある富士屋ホテルをご紹介したいと思います!

富士屋ホテルと言えば趣のある建物や、その長い歴史などで有名ですよね。
なんと開業は明治11(1878)年7月15日で、日本で初めてのリゾートホテルなのだそうです!!

※写真は富士屋ホテル「花御殿」の外観

ドライブで立ち寄った際にぜひランチで食べていただきたいのが、富士屋ホテル特製のビーフカレーです。

通常カレーにはブイヨンなどを使うことが多いようですが、このカレーには富士屋ホテル「こだわりのコンソメ」使用しているそうで、よりまろやかな味に仕上げているそうですよ!
このカレーを目当てに富士屋ホテルを訪れるファンも多いんだとか。
一流のお料理でドライブをさらに盛り上げてみてはいかがでしょうか?


「こだわりのコンソメ」は富士屋ホテルが所有する水源から湧き出る水を使って丹念に長時間煮込んで作っているそうです。
コンソメスープとしても是非味わってみたい一品ですね。

昼ごはんは食べちゃったけど、富士屋ホテルの雰囲気を味わいたい!という方にお勧めなのがホテル敷地内、ベーカリー&スイーツを扱うショップ「PICOT」のアップルパイです。

富士屋ホテルのアップルパイの歴史は長く、なんと100年以上!
オレンジマーマレードを使うことによって、甘さの中にさわやかな酸味があることが特徴です。
ドライブのお土産にピッタリ!

また、富士屋ホテルの敷地内には最近話題の「インスタ映え」しそうなスポットがたくさんあるようです。お立ち寄りの際は最高の1枚を撮ることにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。


写真左は花御殿で最も荘厳な雰囲気を持つスイートルーム「菊」。
写真右は富士屋ホテルの庭園にある水車小屋。


※富士屋ホテルは2018年4月1日から2020年春頃まで耐震補強・改修工事を実施します。
富士屋ホテルの休館期間中も、別館菊華荘、ベーカリー&スイーツ「ピコット」、オンラインショップ「富士屋ホテル倶楽部」の営業はこれまで通り行う予定です。
詳細については富士屋ホテルのホームページをご覧ください。


 
以上、たけおガイドがお伝えしました!


「ご当地情報 神奈川」トップはこちらから


神奈川支部からプレゼント
(閲覧時期により企画がない場合もございます、ご了承ください)


便利なデジタル会員証についてはこちらから



感情ボタンを押して感想を教えて!みんなの感想をリアルタイムで反映!

※1ボタンにつき1回まで参加OK

この記事の感想をクリック!
  • 初めて知った!初めて知った!
  • 素敵!素敵!
  • おもしろい!おもしろい!
  • 行ってみたい!行ってみたい!
感想コメントを書く

この記事をSNSで共有

  • twitter
  • facebook
みんなが心を揺さぶれた感情ボタン数No.1スポットは?

他のエリアの記事も見る

あったかエピソードにほっこり初耳ドライブスポット特集トップに戻る
抽選でQUOカードが当たる! ご当地クイズキャンペーン
プレゼント情報はこちら

神奈川の
コンテンツ一覧

JAF U-17 OPEN CAMPUS新規登録キャンペーン

イベント情報検索

講習会や会員親睦イベント、
期間限定特別優待を検索