イベント、グルメ、プレゼント、各種講習会情報、ライセンス情報などをお届け!

JAFご当地情報

JAF
e-JAF STATION 芦屋

落雷時、車の中は安全?

掲載日:2016-05-31



JAFでは、以前人工的に車に雷を落とし、車や車内の人に対してどのような影響があるかをテストしてみました。
 
    
資料提供:JAFMate「ユーザーテスト」

車に落ちた雷はボディなどの金属部を通り、タイヤを伝い地面に流れます。車のような金属の枠の中には電気は入り込まないので、電子機器や人に対しても、車内では落雷の影響はないようです

実際に車内に乗り込み、落雷を体験してみたところ、雷が落ちると周囲が青白く光るが、外から見ているのとは違って落雷の音は小さく、もちろんビリビリと感電するようなこともありませんでした。乗車前は「落雷時にものすごい衝撃音が伝わるのでは」と不安に思っていたのですが、そんな心配も取り越し苦労だったようです。

ただし、テストに協力してくれた日本工業大学の佐伯正盛教授によれば、屋根が鉄ではないサンルーフや窓の部分からは、電気が入る危険性があると言います。しかし、現実には雷が発生する時にはたいてい雨が降っており、ガラスに付いた水が鉄と同じように電気を通しやすくするため、あえてサンルーフや窓を開けたり、ガラスに接近しなければ、乗員に影響を与える危険は低いと言うことです。

くれぐれも雷が鳴り出したからといって、慌てて外に出たりしないようにしたいものです。


このような実験結果からドライバーに対して、JAFはホームページ等を活用して注意喚起を行なっていきます。

<結果>屋外にいて雷が鳴ったら、車に乗り込むほうが安全!


JAF東京セーフティレポート

東京の
コンテンツ一覧

イベント情報検索

講習会や会員親睦イベント、
期間限定特別優待を検索