イベント、グルメ、プレゼント、各種講習会情報、ライセンス情報などをお届け!

JAFご当地情報

JAF
e-JAF STATION 芦屋

開園から100年!昭和の懐かしさが色濃く残る貴重な動物園です。

掲載日:2019-03-27


甲府市遊亀公園附属動物園は今年で開園100周年!!
”昭和の懐かしさが色濃く残る貴重な動物園”
 
甲府市遊亀公園附属動物園は、大正8年に開設され今年で開園100年になります。
国内では歴史のある動物園で、敷地面積は約14000m2と広くはありませんが、その分動物たちをより近くで観察でき、どなたでもお散歩感覚で気軽に楽しめる動物園です。
現在は、哺乳類、鳥類、爬虫類合わせて46種類182頭(2019年2月末現在)の動物が飼育されています。頭数は少なくても、ゾウやライオン、トラ、レッサーパンダなどの人気者が勢ぞろい。
それでは、動物園の一部をご紹介しましょう。
  
入園口を入るとすぐ左手にコーンスネークの「チェルシー」ちゃんが展示されています。チェルシーちゃんはとても人になれていて、時間があえばタッチすることもできます。となりには、ゾウガメ・リクガメの展示場がでてきます。カメの中では最も大型とされるアルダブラゾウガメなどが飼育されており100年ほど生きる個体もあるようです。暖かな日差しを浴びて気持ちよさそう。

   
正面に進むと動物園のアイドル、アジアゾウの「テルちゃん」が堂々とした存在感で来園者をお出迎え。1980年に来園し今年で42歳になります。最近、砂場を作っていただきご機嫌なテルちゃん。砂浴びは象の皮膚管理にとっても重要。豪快な砂浴びが見られるかもしれませんね。
※画像提供:甲府市遊亀公園附属動物園
              
となりには、サル舎がありワオキツネザルやテナガザル、チンパンジーが楽しそうに遊んでいます。チンパンジー舎では、棒などを器用に使いおやつを食べる姿を見ることができます。
  
続いてふれあい広場に入っていきます。ウサギやヤギ、モルモット、ミニブタなどがおりイベント開催時には、これらの動物たちと触れ合うこともできます。
 
ビックリするのがレッサーパンダ舎。あまりにも近い!ガラスや柵などがなく、ほんの1m先には悠々と歩く姿や木登りしている姿が見られます。その愛らしいしぐさには、時間が経つのを忘れて見入ってしまいます。小さな動物園ならではの展示方法が素晴らしい!
 
橋を渡ると、この動物園で最も長く飼育されているフラミンゴが艶やかな姿を披露。また、羽を伸ばすと3mにもなるコンドルの姿は圧倒されます。
  
ここで休憩。ちょうどいい場所に昭和の時代を感じさせる無料休憩所があります。隣には売店もあり、おでんやうどんなどを販売しています。動物たちを見ながらおなかを満たすのもいいでしょう。また、随所に飼育員さん手作りの動物柄のゴミ箱が用意されていますので、ゴミ箱を探して歩くのも楽しいかもしれませんね。
  
売店を過ぎると、トラやライオン、ユキヒョウなどの猛獣ゾーンに。柵はあるものの、ここも動物との距離が近いですよ。間近で見るトラやライオンは迫力があります。ユキヒョウの「ミュウ」は日本最高齢の15歳。おばあちゃんらしく穏やかなやさしい顔つきをしています。
    
向かい側には、ペンギンやアメリカビーバーを見ることができます。アメリカビーバーは日中はあまり動かないため、朝か夕方の観察がおすすめです。エサを持って泳ぐ仕草がかわいい!
 
動物園の人気者、ワラビーやポニーもいます。ワラビーの「チビスケ」くんは、人なつっこい性格で外から見ていると近くに寄ってきます。
 
園内最後には、ユサユサとハリを立てて歩くヤマアラシと少し離れたところにブラジルバクを見ることができます。バクは鼻を器用に動かしてエサを食べるところが愛嬌たっぷり!
まだまだ、途中には紹介しきれない動物がたくさんいますよ。詳しくはこちらをご覧下さい。
動物園エリアはここで終了ですが、お楽しみはまだ続きます。この先は、時代が一気に昭和へ突入します。遊園地に入ってみましょう!!
 
動物園に併設されている遊園地ですが、懐かしい遊具やゲーム機などがずらりと並んでおり昭和の時代にタイムスリップしたような不思議な感覚に陥ります。
 
年数は経っていますが、どのゲーム機や遊具もしっかりと稼働していますよ。中には10円で遊べるゲーム機もあり、幼い頃に10円玉を握りしめて遊びにいった記憶が蘇ってきます。コインをレバーではじきゴールまで動かすゲーム機は、今でも夢中になってしまいました。
 
規模は小さな動物園ですが、動物たちを至近距離で観察できることや、飼育員さんたちのアイディアによる手作り感が来園者の心を癒してくれるあたたかい動物園です。
また、休憩所や遊園地の雰囲気は昭和の時代がそのまま残っており、大人には懐かしく子ども達には新鮮に映るのではないでしょうか。
今年の春は大型連休もあります。開園100周年を迎える甲府市遊亀公園附属動物園、そして開府500年となりイベントが盛りだくさんの甲府市にぜひお越し下さい。

ご案内
甲府市遊亀公園附属動物園
〒400-0865
山梨県甲府市太田町10-1
TEL 055-233-3875
開園時間:4月~10月(9:00~17:00)11月~3月(9:30~16:30)
休園日:毎週月曜日(祝日または振替休日のときは翌日が休園日)
    年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料:大人15歳以上 320円 こども6歳以上15歳未満 30円
動物園へのアクセス
甲府南ICより甲府駅方面へ約20分
(無料駐車場あり、2ヶ所で140台駐車可)
※カーナビゲーションをご利用の場合は、「山梨県甲府市太田町8-3」で検索ください。



みんなの応援がランキングに!
最新ランキングはこちら

この記事を共有しよう

  • twitter
  • facebook
  • line
クルマで行く今こそ行きたい 懐かしいあの場所や、まだ行ったことのないあの場所へ!
プレゼント情報はこちら
他にもたくさん!関東・甲信越エリアのおすすめスポット!

山梨の
コンテンツ一覧

山梨トップ

イベント情報検索

講習会や会員親睦イベント、
期間限定特別優待を検索