イベント、グルメ、プレゼント、各種講習会情報、ライセンス情報などをお届け!

JAFご当地情報

JAF
e-JAF STATION 芦屋

深さ日本一!「田沢湖」から未来へ

掲載日:2019-03-27


春の特別テーマ「今こそ行きたい!思い出スポット」特集 秋田編

皆さんこんにちは!JAF秋田支部です。

今回は平成最後に行きたい思い出スポットということで
「田沢湖」
を選ばせていただきました。

私自身、田沢湖は家族旅行、学校行事、クルマを持ってからドライブで行ったりと結構な頻度で訪れることがありました。おそらく秋田在住の方は一度は訪れているのではないかと思います。
また県外からも景色を楽しみにお越しになった方もいらっしゃると思います。



それでは「田沢湖」の由来からお話いたします!
日本で一番深い湖として知られる「田沢湖」ですが、田沢湖の「たつこ像」についての言い伝えは知ってますか?

簡単に説明しますとこのような話です。(詳しくは田沢湖へ行ったときにご確認ください)
昔々の話ですが以前「田沢湖」があった場所は田沢潟と呼ばれていました。
その近くに住んでいる夫婦はなかなか子どもができずに毎日子どもを授かりたいと願っていました。
しばらくして辰年の春に子どもを授かり、名前を「辰子」と名付けました。

その辰子は大きくなるとそれはそれは美しい容姿で「天上の女神様」なのではないかといわれるほどだったようです。
ある日、辰子は自分の容姿がいつまでも続いてほしいと大倉観音にお願いしたところ
「北の峰を越えたところに湧き水があるので飲みなさい」と教えられ、そのとおり辰子は湧き水を探し、飲んだところ、のどが渇いてどうしようもなく必死にその水を飲み続けたそうです。(ここは諸説あり湧き水が溜まった池のイワナを食べたら乾きが止まらないなどの説もあるそうです
すると突然、辰子の姿が竜に変わってしまいました。

その姿を見た辰子は、本来の人としての在り方から外れる報いを受けたのだと思い、田沢潟に身を沈め、「田沢湖」ができました。
辰子がいないことに気付いた母親が探しに出かけたところ、見たことがない湖ができてました。そこで辰子の名前を呼びながら探していると龍に変わった辰子が現れ、これまでのいきさつを説明したところ、母親は悲しみ、持っていた松明(たいまつ)を湖に投げました。そうすると松明が魚に変わり、それが「クニマス」に姿を変えました。
ここまでが田沢湖誕生の言い伝えですが、この話には続きがあり、八郎湖(現在の八郎潟)の龍との恋バナがあるんです。その話は
「行きたい!」ボタンがいっぱい押されたら紹介いたします。

ちょっと不思議なお話をさせてもらいましたが、その美しい田沢湖周辺は観光地として道の整備がされているため 、ドライブ中の駐車もしやすくなってます。


田沢湖まで自動車でのアクセス
一般道から
国道13号→国道46号→国道341号 田沢湖入り口 
(国道46号からおおむね1時間)
高速道路から
東北自動車道 盛岡IC→国道46号→国道341号 田沢湖入り口
(盛岡ICからおおむね1時間30分)
秋田自動車道 大曲IC→国道105号を北上(角館方面)→県道60号 田沢湖
(大曲ICからおおむね1時間)


ここからは田沢湖周辺のオススメスポットをご紹介します!





県内でも有名な「山のはちみつ屋」さんです。
はちみつを使ったジャムやフルーツ酢など様々な商品を取り扱っています。その中でもテイクアウトで人気の
「はちみつソフト」
はアカシヤはちみつをたっぷり使用した珍しいソフトクリームです。
人気の秘密はこれだけではありません。注文するとサイコロを振り、「8」の目が出るとハチ型のチョコレートのトッピングが8つもらえるんです。(その他の目は1つもらえます)


場所  〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字石神163-3
連絡先  0187-43-3838
公式HP 
http://www.bee-skep.com/
駐車場  あり



湖畔ドライブの途中おなかが空いたら立ち寄っていただきたいのが
「田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ」
4月中旬から11月上旬まで年中無休で秋田の食材を使った料理やハーブティ・ハーブを使った商品を取り扱っています。
ここではハーブの効能などを知ることができるのと、茶葉がありますので自分オリジナルのハーブティを楽しむことができます。


また温室にはハーブが植えられているため、これからハーブを育てようかな?
と思っている方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

こちらはJAF会員優待施設となりますので、お食事会計時にはJAF会員証をご提示ください。
1グループ5名までお食事代金10%割引となります。

場所  〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字潟前78
連絡先 0187-43-2424

施設情報 http://jafnavi.jp/web/facility.php?sisetu_id=000005100201&exec_mode=1&SsnId=
公式HP http://www.heart-herb.co.jp/
駐車場  あり




湖畔ドライブはまだまだ続きます。「田沢湖クニマス未来館」です。
田沢湖には悲しい過去があります。田沢湖の水源は周囲の沢からと地底からの湧き水でした。しかし発電所の設置や農業復興のため、玉川の水を田沢湖に流しました。玉川の水は酸性が強く、もともと田沢湖に住んでいた生物には適さないものでした。そのため、固有種である「クニマス」をはじめ、ほとんどの魚が住めなくなりました。
その状況を打破するため県は国に中和装置の設置を要望し、平成元年に完成しましたが、未だに「クニマス」が住める環境ではありません。見た目の美しさの影にはこのような歴史も田沢湖にはあります。


仙北市と県による「田沢湖再生クニマス里帰りプロジェクト」の中核施設の「田沢湖クニマス未来館」ではクニマスがどんな魚なのか、どうして田沢湖から絶滅してしまったのかなど魚好きの方にも田沢湖の歴史や文化に興味がある方にも大変興味の湧く施設です。
館内にはクニマスの水槽を初め丸木船の展示、研修ホール、展示室があり未来館からは日本一の水深の田沢湖が見渡せます。
クニマスは、かつて世界中で田沢湖だけに生息していた田沢湖の固有種で、昭和15年1月、玉川の酸性水を導入し始めたことにより絶滅しました。平成22年に山梨県西湖で発見された「奇跡の魚 クニマス」を飼育・展示するとともに、田沢湖で絶滅してから西湖で発見に至るまでの経緯、当時の漁具や丸木舟、湖畔の人々の暮らしや環境の変化、クニマスの生物学などを多数のパネルや映像で解説しています。
 はじめは施設名に未来館となぜ付いているのか疑問でしたが、館内の施設を見て体験することで約100年前に人間が行ったことでまったく田沢湖が変わってしまったことを強く感じさせられました。もしかしたら今している事が100年後に昔と同じような過ちを繰り返してしまうのではないかと考えさせてくれるような施設です。まさに老若男女が温故知新を実体験できる場所だと思います。
皆さんも是非、未来を気づかせてくれる「田沢湖クニマス未来館」に足を運んでみませんか

↑クニマスの写真です。

こちらもJAF会員優待施設となり、入館時会員証提示で1グループ5名まで
大人100円引き
小人 50円引き
田沢湖クニマス未来館・思い出の潟分校共通券
大人 200円引き
小人 100円引き
になります。

場所  〒014-1203 秋田県仙北市田沢湖潟中山40
連絡先 0187-49-8131
施設情報 http://jafnavi.jp/web/facility.php?sisetu_id=051105X00486&exec_mode=1&SsnId=
駐車場  あり





ここまで周るとそろそろ疲れてきたのではないでしょうか。田沢湖周辺の有名な温泉地
「乳頭温泉郷」が皆さんの疲れを癒してくれます。
乳頭温泉郷は7つの温泉が組合を作り、湯めぐり帖を販売しています。
鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村の7か所をめぐるのもいいと思いますが、ゆっくり宿泊しながら
本日周った田沢湖を思い出すのはいかがでしょうか。



こちらの写真はJAF会員優待施設の「妙乃湯」さんです。
春の新緑と滝を見ながら温泉につかる贅沢はなかなか体験できないと思います。

JAF会員であれば予約の際JAF会員であることを伝え、チェックイン時会員証提示で
1泊2食付き宿泊料金が10%割引となります。

場所  〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
連絡先 0187-46-2740
施設情報 
http://jafnavi.jp/web/facility.php?sisetu_id=051105X00032&exec_mode=1&SsnId=
公式HP   http://www.taenoyu.com/





いかがでしたでしょうか。JAF秋田支部おススメスポット「田沢湖」でした。
平成最後の春。新緑を楽しみながらドライブにぜひきてたんせ~!(たんせとは秋田弁で「~してください」の意味)






みんなの応援がランキングに!
最新ランキングはこちら

この記事を共有しよう

  • twitter
  • facebook
  • line
クルマで行く今こそ行きたい 懐かしいあの場所や、まだ行ったことのないあの場所へ!
プレゼント情報はこちら
他にもたくさん!東北エリアのおすすめスポット!

秋田の
コンテンツ一覧

秋田トップ

イベント情報検索

講習会や会員親睦イベント、
期間限定特別優待を検索