イベント、グルメ、プレゼント、各種講習会情報、ライセンス情報などをお届け!

JAFご当地情報

JAF
e-JAF STATION 芦屋

復興への思いと共に~三陸自動車道の開通でひとつになる岩手県沿岸地区へでかけよう~

掲載日:2019-06-17


岩手夏特集へようこそ、この夏岩手県沿岸部が三陸自動車道の開通によってひとつにがつながります。

2011年3月の東日本大震災による被災以降、三陸地域では安全でくらしの再建など様々な取り組みを行ってきました。
その中で、三陸沿岸道路は、多くの方に三陸地区を訪れていただきいとの思いと復興に向けた思いを伝え、交流人口の拡大に大きく期待がされる道路です。
この夏さらに、つながる区間が広がり三陸地域の観光が楽しめる基盤ができます。
三陸自動車道を使って、三陸地域の観光地を周遊してみませんか。

陸前高田市観光名所
【一本松】
奇跡の一本松、2011年3月の東日本大震災が引き起こした大津波で未曾有の被害を出した中、高田松原と呼ばれた約70,000本の松の中で唯一流されず耐え抜いた松です。いつからか「奇跡の一本松」と呼ばれるようになり、7年もの間、多くの地元の方々の精神的な支えとして役割を果たしてきました。
現在は、防腐処理、補強をされるなど震災からの復興を象徴するモニュメントとして、元の場所に再び立てられています。





  
(一本松名物しょうゆソフトが食べられます)

※現在は、直接車での乗り入れができないため国道45号線に面した一本松茶屋へ駐車して、徒歩にておおよそ20分ぐらいの距離にあります。

岩手県の南東端に位置する、三陸海岸の南の玄関口。東は気仙川が注ぐ広田湾、西は氷上山をはじめとする山地が広がっています。

場 所  岩手県陸前高田市気仙町砂盛176-6

※岩手県陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園内に整備する「東日本大震災津波伝承館」は2019年8、9月ごろを目処に開館します。
伝承館は延べ床面積約1500平方メートルで、震災の教訓や復興の現状を五つのゾーンに分けて発信する。被災者の証言をパネルで紹介し、県沿岸部を襲った津波の実写映像や陸前高田市の国道45号から流失した気仙大橋の一部を展示します。

********************************************

【三陸がつながります】


(画像:陸前高田市内からの三陸自動車)

三陸自動車道路(E45)三陸沿岸道路釜石北IC~大槌IC間(延長約4.8km)が2019年6月22日(土)15:30分に開通します。

これにより宮城県気仙沼市唐桑町の出入り口から岩手県宮古市の宮古中央ICまでの延長約100kmの無料の高速道路が結ばれます。

交通安全いわて 


********************************************

大船渡市観光名所
【碁石海岸】



大船渡湾の南に突き出た末崎半島の先端約6kmの海岸線が碁石海岸で、国の名勝・天然記念物に指定されています。また、碁石海岸は全国渚・白砂青松100選とに指定されています。さらに、その中にある雷岩から発せられる音は、国の「残したい日本の音風景百選」に指定されています。気候は温暖で、松林にはハイビャクシン、エゾスカシユリ、ハマギクなどが咲き乱れます。また、周辺には市立博物館、世界の椿館・碁石、キャンプ場などの施設も整備しています。



提供:岩手県観光協会より


『日本の渚百選』に選ばれた碁石海岸、『21世紀に残したい日本の自然百選』に選ばれた五葉山県立自然公園と自然豊かなまち。

場 所  岩手県大船渡市末崎町字大浜


*********************************************


釜石市観光名所
【鉄の歴史館】

この歴史館は、「製鉄産業と釜石」「鉄と豊かな暮らし」「鉄と遊ぶ」などのコーナーに分かれており、日本の発展を支えた釜石の歴史を学べる資料館です。



場 所  岩手県釜石市大平町3-12-7

【橋野高炉跡】

当時の製鉄の様子がうかがえる重要な史跡として、ユネスコ世界遺産に登録されています。




場 所  岩手県釜石市橋野町第2地割15

【北の鉄人釜石ラグビー】

釜石といえばラグビーを忘れてはいけません。
釜石が「ラグビーのまち」として広く認知されたのは、1980年代初めの頃。全国に名を轟かせた、新日本製鐵釜石製鉄所ラグビー部、通称『新日鐵釜石ラグビー部』の存在に由来しています。
ラグビー日本一を決定する「日本ラグビーフットボール選手権大会」において、1979年から1985年にかけ7連覇という偉業を成し遂げ、その圧倒的な強さから「北の鉄人」と呼ばれました。
また、今年は釜石鵜住居復興スタジアムで行われる日本代表戦が間近で見ることができます。

釜石鵜住居復興スタジアム  岩手県釜石市鵜住居第18地割5-1


*********************************************

宮古市観光名所
【浄土ヶ浜】

三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置する浄土ヶ浜は、宮古の代表的な景勝地です。

鋭くとがった白い流紋岩が林立し、一つ一つ違った表情を見せて海岸を彩ります。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストはまさに一見の価値ありです。
浄土ヶ浜の地名は、天和年間(1681〜1683)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。


提供:宮古市観光交流課より


提供:宮古市観光交流課より

【瓶ドン】今注目!!

黒潮と親潮の潮目に位置する三陸海岸は、世界有数の漁場として知られています。そのほぼ中央に位置する宮古市ではいま地元産の魚介を使ったご当地メニュー「瓶ドン」が注目されています。誕生したのは2018年秋。三陸地方で見かける瓶詰め生ウニにヒントを得たもので、瓶の中に宮古の産物鮭、イクラなどが詰められています。


提供:宮古市観光交流課より


提供:宮古市観光交流課より

*********************************************

田野畑村観光名所
【北山崎】

ダイナミックな海岸線が約8キロにわたって続く北山崎、断崖が5列に連なる鵜ノ巣断崖など、田野畑には国内トップクラスの自然風景があります。


提供:岩手県観光協会より

場所  岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10

*********************************************



久慈市観光名所
【あまちゃんロケ地】


2013年に放映されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地になったのは久慈市。国内最北端の海で漁をする「北限の海女」のまち、琥珀のまちとして知られています。山側には広大な白樺林が広がる平庭高原、久慈渓流久慈平庭県立自然公園を有する自然豊かなまちです。

(提供:久慈観光交流課より)

【久慈琥珀博物館】

古くから琥珀採掘の行われた土地でもある久慈市郊外に所存し、国内では唯一の琥珀専門博物館です。博物館から続く見学コースには、琥珀製品即売所・工房・見学用坑道跡がありリトアニア館・レストラン・喫茶をはじめ、園山の散策などが楽しめます。



*********************************************

この夏、三陸はつながります。
三陸の旅は、まだまだ続けられること間違いなしです。
家族・友人などみんなさんで「三陸にこ~ざいん」




みんなの応援がランキングに!
最新ランキングはこちら

この記事を共有しよう

  • twitter
  • facebook
  • line
クルマで行く今こそ行きたい 懐かしいあの場所や、まだ行ったことのないあの場所へ!
プレゼント情報はこちら
 

岩手の
コンテンツ一覧

岩手トップ

イベント情報検索

講習会や会員親睦イベント、
期間限定特別優待を検索